読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗剤一本化に挫折しながらもマジックソープを使う日々。

f:id:higacmocha:20170215233824j:plain
自然のことも考えたい。でもまず自分のことをなんとかしなくちゃ。


こんにちは。トウカです。


シンプルな暮らしをしているブロガーさんの記事を読んでいると、


環境に優しい暮らし


を心がけている方が多いような気がします。



洗剤を使わずに食器を洗ってみたり


ナチュラルクリーニングをしていたり


不要な服を切って拭き掃除に使っていたり
。。



そんなブロガーさんたちの記事を読んで、


丁寧な暮らしを心がけるって、素敵・・・!


と、手当たり次第マネしまくったこともありました。


すぐ挫折しました(笑)


唯一、今も継続しているのが


マジックソープで洗剤の種類を減らすこと


です。




オーガニックなマジックソープは、18通りもの使い方ができるそうです。
https://americansakura.com/life-in-us-eco-drbronners/


食器洗いから入浴剤、果ては歯磨きまで!


うちではティーツリーとラベンダーを使っています。


目次

マジックソープのにおい】

ティーツリーは好みが分かれる香りです。独特。


殿くんは『草くさい』と言っていました。(間違いではない)


ラベンダーは、さすがオーガニックという感じ。自然なアロマが香ります。


富良野のラベンダー畑で鼻呼吸してる感じです。(表現)

【使い方】

容器は無印良品の泡ボトルを使っています。

www.muji.net

マジックソープは水(うちはBRITAの浄水です)で希釈して使うので、衛生上短期間で使い切った方がいいらしく、小さめ250ml。


マジックソープ50mlを水200mlで希釈します。1:4の割合。


どのくらいの割合で希釈するかは、色々調べましたが千差万別。好みのようです。

【用途】

最初は家の洗剤一本化を目指して購入したマジックソープ


ボディーソープ
お風呂掃除用洗剤
洗面所のハンドソープ
食器洗剤
キッチンのハンドソープ

が一本でまかなえるのが理想でした。


使い始めてから1年弱・・・今は、ボディーソープ、洗面所、キッチンのハンドソープとして稼働しています。

【理想が叶わなかった理由】

泡がへたりやすく経済的ではなかった。


希釈の割合を変えてマジックソープ多めにしてみたりもしましたが、劇的に泡持ちがよくなるということもなく。


食器を洗う時には、スポンジに泡がほとんど吸い込まれてしまい食器に油っぽさが残るので、結局食器に直に泡をつけて直に手で洗い直し。
(直に泡をつけるとものすごくキュッキュします)


お風呂を掃除する時は、泡がすぐに消えて無くなるため、ボトルが壊れるんじゃないかと思うほどとにかくボトルをプッシュしまくりました。

【専用洗剤って、いいね】

しばらく洗剤一本生活を続けたあと、思いきって専用洗剤を買い直したら・・・



この油の落ち具合、この泡持ちの良さ。信じられない。アメイジング


ありがとう!!みんな!ありがとう!!


って誰もいないキッチンで叫ぶくらい感動しました。


つまり、マジックソープを導入することで、それなりにストレス感じながら日々家事をこなしていたってことですね。


わたし、ごめんよ。

【でもメリットもあるよ】

メリットは、ソープのポジション変更ができること。


特に、お風呂場のボディーソープが切れかけの時。


「あっ!ボディーソープがもうない!」となったら、ガラッとお風呂場の扉を開けて、ガシッと洗面所のハンドソープを掴むだけ!


中身は同じなのでためらいなく使えます。


そして詰め替えはお風呂上がりにゆっくり。


むしろ、お風呂勤務だったボトルがそのまま洗面所勤務になったりもします。


いや、ボディーソープ切れる前に詰め替えとけよ。とかは言わないでください。


詰め替え忘れなんて、誰もが一度はあるはずです。


うちはその頻度が高いだけの話です。(ただのずぼら)


ちなみにマジックソープさん、使い心地は、可もなく不可もなくです(笑)


肌が荒れたりすることもなく、かと言って肌がみずみずしくなることもなく。


泡切れがいいので、洗い上がりがさっぱりする気はしています。

【無理なくやっていきましょう】

環境のため、自然のため、とっても大切。


でも、自分がストレスを感じることを無理にやる必要はない。


他の人がしていることでも、自分の暮らしには合わないこともある。


心がける部分は心がけて、ものによっては今の時代に見合った便利なものを便利に使えばいい。


これからも無理せずゆるりとやっていきます。